header

【ミラクルハイランダープリースト】デッキガイド

どうもこんにちは。EVEです!

今回はぼくが構築し、チームメイトのVorder選手に託してレジェンド6位までキャリーしてもらった【ミラクルハイランダープリースト】のデッキガイドを書いてみたいと思います。

頭がトログなので至らない点もあると思いますが、温かい目で読んでいただけると嬉しいです。

 

まずはデッキリストです

【デッキコード】
AAECAa0GHgntAZcC5QTJBqQH9gelCdIK0wrXCvIM+wyStAKDuwK1uwLYuwLwuwLqvwL6vwLRwQLSwQLYwQLZwQLKwwLJxwK+yALCzgLwzwKQ0wIAAA==

 

☆デッキの特徴

・《ガジェッツァンの競売人/Gadgetzan Auctioneer》他各種ドローシナジーを投入することでミッドレンジ~コントロールのマッチアップにおいて後述する致死コンボを引き込む可能性を高め、悠長に構えた相手に対して試合を終わらせることができる。

・軽めの呪文カードを大量に投入することによって前述したドローブーストを行うことと同時に、アグロデッキに対して序盤の展開を許さない。

・軽めの呪文カードを投入することにより、後述する致死コンボの威力を高めることができる。

 

☆各種コンボの解説

このデッキは基本的にマナカーブ通りにカードを使っていくデッキではなく、複数枚のカードの組み合わせによってカードのバリューを引き出しながら戦うデッキとなっています。

ここではそのカードの組み合わせの代表例を解説していきたいと思います。

 

☆即死コンボ☆

《影刈アンドゥイン/Shadowreaper Anduin》+《縛鎖のラザ/Raza the Chained》+(《預言者ヴェレン/Prophet Velen》)=死

このデッキの核となるコンボです。安藤院もラザも手札に持っておく必要はなく、一度発動しておくことで任意のタイミングで即死コンボを発動できます。カードを使用するたびにヒーローパワーがリフレッシュされるために、手札にため込んでいる軽いカードの数だけバーストダメージの数値が跳ね上がります。このコンボを見据えた戦いでは、その場で発動する必要のないカードは基本的に手札にため込み、バーストダメージの威力を高める動きをします。ただし、このコンボはデッキに1枚しか投入されていないカードを三枚も引き込んでおく必要があり、そのためには“コンボ発動までに自分のヒーローを生き残らせること”、また、“ドローを進めて3枚のキーカードを引き込んでおくこと”が必須となります。状況に応じて除去やドローを行うことにカードを使うことも重要になります。また、このコンボを意識しすぎるあまりに目の前に転がっているほかの勝ち筋に気付かないようでは目も当てられません。必要に応じてテンポプランやバリュープランも考慮しながら柔軟に戦っていきましょう。

 

・《回復の輪/Circle of Healing》

+《オウケナイのソウルプリースト/Auchenai Soulpriest》=全体4点ダメージ

アグロデッキに対して有効な全体除去です。このデッキにはこのほかに全体除去として《ホーリーノヴァ/Holy Nova》、《ドラゴンファイア・ポーション/Dragonfire Potion》、(場合によっては)《カザカス/Kazakus》、《霊魂鞭打/Spirit Lash》、《熱狂する火霊術師/Wild Pyromancer》が投入されています。

+《ノースシャイアの聖職者/Northshire Cleric》=鬼ドロー

事前に《熱狂する火霊術師/Wild Pyromancer》+呪文や、《霊魂鞭打/Spirit Lash》を使用しておくことで盤面においてあるミニオンの数だけドローを進めることができる。《ホーリーノヴァ/Holy Nova》でも同様のことができます。

 

・《霊魂鞭打/Spirit Lash》

+《苦痛の侍祭/Acolyte of Pain》=全体1点+ドロー

全体1点があまり刺さらない場面でも相手がアグロデッキでない場合はドローを回したい場合は気軽に使っても問題ないかと思います。全てのカードをドローするコンボに言えることですが、マッチアップにあまり必要でないカードはドローを進めてほかの有用なカードに変換することが重要です。このデッキはドローを進めることがそのまま勝利につながります。

+《預言者ヴェレン/Prophet Velen》=全体2点+超回復

このコンボは見落としがちなので一応記載しておきます。全体1ダメージにヴェレンの効果が乗って全体2点となり、その回復にもヴェレンの効果が乗ります。つまり、仮に盤面にミニオンが5体いる場面でヴェレン+鞭打を使用すると、ヴェレンを含めた6体のミニオンに2点のダメージ、つまり合計12点のダメージが入り、その12点にヴェレンの効果が乗ることで最終的に24点自分のヒーローの体力を回復することができます。このコンボの注意点は、絶対に《オウケナイのソウルプリースト/Auchenai Soulpriest》がいる場面で行わないことです。ぼくは知らずに一度やって即死しました。

 

☆このデッキに採用されているミニオンについて

このデッキには複数枚のシナジーを持ったミニオンが投入されています。特定のコンボがそのマッチアップで有効な場合はポン出しする前に一旦検討するのがいいでしょう。

 

《ノースシャイアの聖職者/Northshire Cleric》

回復するたびにドローが進むのでアグロデッキと翡翠ドルイド以外のマッチアップでは回復ができる盤面に回復と合わせながら出していくことになると思います。ハイランダーデッキの特徴としてこのカードはデッキに1枚しか投入されていないため、3/2ミニオンに一方的にトレードされてしまうなど、このカードを簡単に処理されてしまうとドローを進めることが困難になってしまいます。逆に盤面さえ取れていればかなりの枚数デッキを掘り進めてコンボパーツを集めることに貢献するため、このカードは大切に使っていきましょう。このカードは盤面に残ることで疑似的な挑発ミニオンとなるため、相手にトレードさせることで自分のヒーローの体力を守る動きもできます。

 

《熱狂する火霊術師/Wild Pyromancer》

呪文の数だけ全体1点を飛ばせます。途中に《真言・盾/Power Word:Shield》や回復を挟むことでダメージ量を伸ばすことができることも覚えておきましょう。《苦痛の侍祭/Acolyte of Pain》で大量ドローも狙えます。

 

《光熱のエレメンタル/Radiant Elemental》

スタッツは優秀。ポン出ししてもいいし、ほかの呪文シナジーのあるミニオンと合わせていくことも検討します。バリューを出すかテンポを取るかで使い方が変わるカードです。自分の手札と相手のデッキと相談しましょう。

 

《苦痛の侍祭/Acolyte of Pain》

このデッキはドローが勝利につながります。このカードを有効利用することでカードを手に入れることができますが、3マナと少し重いのでほかに出すべきカードがなく、手札にシナジーとなるカードがない場合は気軽に盤面においてしまって問題ないかとおもいます。このカードはシナジーがない場合でもほとんどの場合1枚はドローを進めることが可能です。手札と相手のデッキと相談しましょう。

 

《タール・クリーパー/Tar Creeper》

アグロデッキに対して有効。時間稼ぎができるので、全体除去呪文を引き込むまでの時間稼ぎができます。生き残ったらカギ爪をつけてあげましょう。

 

《ひとまねグリマールート/Curious Glimmerroot》《カバールのカギ爪のプリースト/Kabal Talonpriest》

単純にスタッツが有効なカード。カギ爪もほかのデッキと違い、ポン出ししても大丈夫です。アグロデッキに対してトレードをしたり、テンポを取っていくプランで有効なカード群です。このスタッツは全体2点に耐え、体力8のミニオンに対して体当たりをかました後に《ドラゴンファイア・ポーション/Dragonfire Potion》で処理をすることができます。

 

《オウケナイのソウルプリースト/Auchenai Soulpriest》

優秀なスタッツに加えて、前述した《回復の輪/Circle of Healing》とのコンボに加えて、生き残ることでヒーローパワーが2点ダメージの除去に変化します。また、《連結回復/Binding Heal》も1マナ5点ダメージの呪文に変化します。ただし、連結された自分顔にも5点ダメージが飛んでくるので、ご利用は計画的に。

 

《宴のプリースト/Priest of the Feast》

優勝スタッツ。アグロデッキに対しては《ガジェッツァンの競売人/Gadgetzan Auctioneer》や《太陽の砕片ライラ/Lyra the Sunshard》よりもこちらで呪文を回すことを優先する場合もあります。《オウケナイのソウルプリースト/Auchenai Soulpriest》が盤面に存在する場合、こいつが投げてくる肉は腐っているので呪文を撃つ枚数には気をつけましょう。

 

《カザカス/Kazakus》

このカードの説明、必要ですか?w 唯一なにか付け足すとしたら、このデッキではほかの呪文シナジーのカードと合わせるために1マナスペルを選択する可能性が少し出てくる程度。基本的には通常通りのバリューを出す使い方でいいと思いますが頭の片隅に入れておくといつかとても悪いことができます。

 

《強盗ログ/Burgly Bully》

このカードを着地せるまでに可能な限り盤面を有利な状態にしておきたいカード。有利な盤面にこのカードを着地させることができると、相手はこのカードに対して除去呪文を撃つことになると思いますが、このデッキに対してコインを与えるということは女子高生にセーラー服を着せるようなものです。…えー、つまり最強ということです。

 

《縛鎖のラザ/Raza the Chained》

最強カードです。なるべく早い段階で着地させておきたいのでコントロールデッキ相手では《影刈アンドゥイン/Shadowreaper Anduin》とともにキープすることも視野に入れたマリガンを行います。ミラーマッチではこのカードの有無が勝敗を分ける場合が多くあります。

 

《ガジェッツァンの競売人/Gadgetzan Auctioneer》&《太陽の砕片ライラ/Lyra the Sunshard》

不要な呪文を他のカードに変換することができます。スタッツもマナコストに比較して貧弱なのでよほどきつい盤面でない限りはほかのカードとのシナジーでバリューを出す動きをします。

 

《預言者ヴェレン/Prophet Velen》

基本的にコンボパーツですが、ごくまれに7マナ7/7ミニオンとして運用する場合もあります。生き残った場合に強烈なテンポとバリューを生み出しますが処理された場合にそのままゲームエンドとなる場合もあるので扱いには注意が必要です。ダメージだけでなく回復も2倍になりますので、ヒーローパワーで4点、《連結回復/Binding Heal》で10点回復が可能です。

 

《始祖ドレイク/Primordial Drake》《リッチキング/The Lich King》

アグロデッキに全体呪文を撃った場合に蓋をするカード。始祖ドレイクは全体除去としても使用でき、数多くのアグロデッキを爆発させてきました。始祖ドレイクはミラーマッチでの活躍も見込め、リッチキングはバリュープランが取りやすくなります。

 

☆デッキの回し方

VSアグロデッキ

基本的に引いてきたカードを見ながら相手の打点を抑える戦いになります。

最低限のカードで自分のヒーローを守りながら自分が死なないように立ち回り、相手のリソースが尽きる段階orこちらが死ぬ前にデッキに数多く投入されている全体除去のカードを発動します。最終的に相手の手札が枯渇するか相手が引いてくるカードより強い盤面を構築、または8マナミニオンのどちらかを盤面に置いた時点で相手は爆発します。

マリガンについてはざっくり序盤に置けるミニオンと全体除去をキープしていきます。

基本的には不利なマッチアップですが、他のハイランダープリーストよりも序盤に使えるカードが多いのでカードシナジーでバリューを出しながら戦うことができます。手札枚数についてあまり意識する必要はなく、死なないように立ち回ることで最終的にバリュー勝ちすることができる場合が多いです。

 

VSそれ以外

前述した致死コンボを決めるかテンポを取って戦うプランを使い分けることになります。大量に投入された各種呪文を効率よく運用しながら戦いますが、マナが余ったから呪文を使っておこうといった考え方はこのデッキにおいてはNGです。必ずカードの組み合わせを考えて相手のデッキに投入されているカードを想定して、“このカードはこのカードが来るまで使わずにいよう”などといった考え方が必要です。例えば、対ミラクルローグのようなマッチアップで、沈黙が手札にある場合、競売人でドローを回す際に適当なミニオンで沈黙をドローに変換して気持ちよくなってしまうと、後に巨大エドウィンが着地した場合に密言死を使うことになり、その後に着地した魔力の巨人に対する回答がなく、一方的にサンドバッグになってしまう場合があります。

対コントロールのマッチアップ、特にミラーマッチでは、ラザと影刈をキープすることも検討します。ミラーマッチではこのコンボを先に成立させることがそのまま勝敗を分けます。

ぼく自身もこのデッキを作成して間もなく、また、環境初期で各デッキの採用カードも固まっていないため、各マッチアップの有利不利については省略させていただきます。このデッキ自体、デッキのどこを引くかによってデッキの性格ががらりと変わってしまうデッキでもあります。しかし、よく質問されるので書いておきますが、ここだけの話翡翠ドルイドには有利をとれていると思います。このデッキリストをシェアしたVorderくんはエクゾディアメイジにガン有利とか言っていたような気がしますが、それは彼が“運だけ小僧”な証拠です。普通にガン不利です。皆様も、Vorder選手と戦うときは彼がデッキ外からカードを取り出す不正行為を行わないように気を付けておきましょう。

 

最後に、このデッキを回してみた感想、質問、改善点等はこの記事を書いているEVEのツイッターアカウント(@illust_beast)までお気軽にお寄せください。このデッキはまだ改善すべき点もあり未完成です。皆様も自分好みにこのデッキを調整してみてください。みんなでこのデッキを完成させましょう。

 

・・・最後の最後に個人的な好みでは《待ち伏せのガイスト/Skulking Geist》はこのデッキに採用する必要はないと思います。理由としてはこのデッキは普通にこのカードを投入する場合の仮想敵である【翡翠ドルイド】に有利を取れていると考えていることと、このデッキに複数枚投入している優秀な1マナスペルを失うことで前述した致死コンボの威力を減らすことにつながると考えるからです。

<