header

レジェンド1位を到達した秘策巨人メイジの各マッチアップにおけるマリガンおよびプレイング

今回私(Vorder)が秘策巨人メイジを使用してレジェ1位になれたので記念にデッキ解説したいと思います!

このデッキには魔力の巨人火山ポーションが採用されているため、アグロからコントロールまでの幅広いデッキタイプに対して有利に戦えるのが1番の特徴になります。

~各マッチアップでのマリガンとプレイング~

どのマッチアップでも魔法学者マナ・ワームはキープするので、その他キープするカードについて説明します。

 

VSドルイド  (vsアグドル 有利  vs翡翠ドル 微有利)

対ドルイド戦では相手をアグロドルイドと想定するため、フロストボルト 火山ポーション を必ずキープします。

アグドル相手ではいつ獰猛なヒナがきてもいいように3点出せるようにしながら戦うことが大切で、呪文相殺動き回るマナがくる前のターンにセットするのがベストです。

AOEがない状態でうごマナを通されると負けなので注意が必要です。

 

翡翠ドルイドは序盤に押し切るパターンと耐えて巨人で勝つパターンの2通りありますが、大体後のパターンになります。ドルイドは除去が弱いので秘紋や魔導書から凍結系呪文を手に入れておくことで、 盤面除去+巨人召喚 次ターン凍結 といった動きで巨人をまもりつつ顔を殴れれば勝てます。⇐序盤に使う秘紋で凍結や鋳造が出たらキープしておくとよい。

 

VSメイジ  5分

最近のメイジはコントロール寄りが多く、ハンド枚数がとても重要になるため 魔力なる知性 をキープします。呪文相殺は序盤のミニオンを守るか、終盤の巨人と一緒に出すようにします。

 

VSミラクルローグ 微不利

とにかく序盤にどれぐらい削れるかがカギになるマッチアップ。序盤で削れないと処理に回るはめになり負けるので 低コストミニオン フロボ 秘紋 あたりをキープします。

 

VSウォリアー  (海賊 不利 クエスト 5分)

海賊が多いので対海賊を想定します。マナワーム 魔法学者 メディ部の従者 がいないとぼこぼこにされるので探しに行きます。相手ミニオンの除去を最優先に考えてミニオンが出てこなくなるまで除去します。

 

対クエスト戦では相手とのハンド差を作ることが大切なのでなるべくドローさせないように立ち回ります。呪文相殺は序盤ミニオンを守るためか、巨人と同時に出します。

 

VSシャーマン

横に並べてくるデッキが多いので 火山ポーション をキープします。またトーテムを倒す3点が出せる メディ部の従者 フロストボルト もキープします。ドッペル進化されるときついので、呪文相殺を進化がきそうなときに貼っておくのがよいです。

VSプリ

いろんなデッキがありますが基本的に相手ミニオンの除去に集中します。なので フロストボルト メディブの従者 秘紋 あたりをキープします。呪文相殺と巨人を一緒に出して勝つパターンが多く、盤面処理が追い付かないドラプリなどでは、巨人+凍結+呪文相殺などで強引にフェイスを詰めに行くことも大切になります。

 

~魔力の巨人を活かす~

上のプレイングでも書いたように、巨人+凍結や巨人+呪文相殺の動きが強力で巨人が除去されずにフェイスをなぐれるような状況づくりを心がけます。

 

~おまけヨグ~

最近のヨグは相手ミニオンを除去したり自分の盤面を強化することが少ないです。しかし、ドローはめっちゃしてくれる印象なのでやることがなくなったら投げてリソース補給するのがよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

<